遺産を受け継ぐ時

おそらく多くの人にとって何度も経験することではないという特徴を、遺産相続は持っています。
人が亡くなったときに遺されたものを、その権利を持つ人が受け継ぐというのが遺産相続の概要ですが、初めて受け継ぐ立場になるという人が多いと言えます。
なぜなら、法律で決まる「法定相続人」になるのは、亡くなった人の直系の子孫を中心とした限られた人たちであるわけですから、そう何度も経験することではないのです。

初めてのこと、しかも法律関係のこと、税金関係のこと、権利関係のこと、こまごまとした事柄についてたくさん知り、考えなければならなりません。分からないことが多いというのが普通です。
ここでは、そういった人に役立つ情報を取り上げていきます。
例えば、このことは誰に相談すればいいのだろうか、ということです。遺産相続とは法律的なことであると同時に、お金にまつわることですから、専門的な知識が必要です。
誰がその知識を持っていて、誰が相談を受け付けてくれるのか、それを知る必要があるわけです。

簡単にまとめてしまうなら、遺産相続に関する相談を受け付けているのは、法律の専門家や税金の専門家の人たちです。すなわち、弁護士や税理士ということになります。
また、弁護士や税理士を紹介してくれたり、彼らとともに遺産相続についての悩み事や分からないことを総合的に聞いてくれたり、アドバイスしてくれたりする「相談センター」や「相談窓口」もあります。

ニュース一覧

2014/06/17
法テラスを更新しました。
2014/06/17
ベリーベスト法律事務所を更新しました。
2014/06/17
相続知恵ぶくろを更新しました。
2014/06/17
夢相続を更新しました。